November 07, 2007

ナベツネ政治介入

民主党の小沢代表がある人に呼び出された、と聞いたときにピーンときたよ。ナベツネだね・・読売新聞はかねてから大連立一辺倒の論調だった。自民党の意向というより、読売が政治介入して動かしたのが本当だろう。読売としては、今回の小沢氏の騒動で、大連立へ思惑通りに進んでいたが、渡辺恒雄の名前が出たことで今度は批判の対象になるだろう。メディアが政治に介入するなんて、とんでもないことだ。

ナベツネって人は何でも自分の思う通りにならないと、気が済まないようだ。2004年の球界再編騒動のときも「たかが選手が」と選手を見下し、強引に合併1リーグを進めていった。今回は政治かよ・・大連立なんて誰が望むのか。何事もすんなり決まるのは危険。選挙の意味もなくなってしまう。読売新聞社の政治介入に断固抗議する!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2007

過去に経験のない凄い台風です

静岡に台風直撃。帰りの午後8時過ぎには過去に経験のない暴風雨。原付の運転怖かった~大雨で前が見にくいし、突風に煽られて反対車線に出そうになるし・・一部道路が冠水して、転倒の危険を感じたので、片足着きながら慎重な低速運転。これで何とか生還した。年に一度あることだが、これだけ凄いのは初めて。服もビショビショだよ。まだ現在もこの状況続いてます。明日は大丈夫だろうか・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 03, 2006

阪急と阪神

村上ファンドが阪急のTOBに応じ、阪急と阪神の経営統合が事実上決まった。注目のタイガースはそのまま阪神の子会社として残るらしい。まぁ「村上タイガース」になるよりはいいか。それにしても永遠のライバルと思っていた阪急と阪神が一緒になるとは・・北と南の違いはあれど、同じ大阪~神戸を結ぶ鉄道を持ち、梅田には目と鼻の先に百貨店が。常に凌ぎを削ってきて者同士。あの尼崎の事故があっても、JRの強さは変わらないということか。私は鉄道的に阪急の方が好きだけどね。京都や神戸へ行くのに阪急の方が速いし・・でもこれで車両等も変わってくるのかな・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

さらばふるさと銀河線

北海道の第3セクター・ふるさと銀河線が今日をもって廃止された。以前新聞のコラムで読んだことがあるけど、この路線は観光客が極めて少ないらしい。沿線に目玉となる観光資源がなく、運賃も高くて寄り付かない。乗客は通学の学生か、病院などに通う高齢者だけ。過疎化と少子化で、乗客は開業当時の約半分だとか。廃止が決まったとき、鉄道ファンなど他県からの反対の声は多かったが、地元の関心は薄く、反対運動などもなかったようだ。3セクローカルは地域密着でしか生き残れないのに、地元の人は乗ろうとしない。北海道は都市部を除くと、車社会であることはたしかだが・・リストラもしてギリギリで頑張ってきた末の結論。仕方ないかもしれない。

ただ、これで3セクの廃止が進んでは困る。すでに神岡鉄道の廃止が決まっているとのこと。どこも赤字で苦しいだろうけど、踏ん張ってほしい。流されるなよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2006

PSE法

話題になったPSE法。結局中古業界の反対に押し切られ、4月以降も販売できることになったようだ。消費者の安全を守るとの触れ込みも、実際には消費を促す法律。制定された5年前は丁度デフレ絶頂期で、物がまったく売れない時代。このころから急速に伸び始めた中古業界を潰し、新しい物を買ってもらおうというのが狙い。誰が見てもわかるでしょ。政府がどこから動くのかハッキリするよね。周知が徹底していなかったのも既定通りだったのでは?
古い物が悪くて、新しい物がいいという考えは間違いだ。うちの家電でPSEマークが付いているのは、2年前に買い換えたテレビだけ。(その前のテレビは10年使ってた)それ以外は全部付いていない。ビデオは98年製、CDラジカセは94年製だ。故障するものもあるけど、直せばいいし、長く使うほど愛着もわいてくる。古い物が危険だ、危ないなんて思ったこともない。危険なのはリサイクルの流れに逆行し、不法投棄を促すこの法律そのものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2006

東横イン事件

身障者用の部屋や駐車スペースを撤去して、ロビーや会議室などに改造していた東横イン事件。今日までに12府県、23ホテルで改造していたことが明らかに。これはハッキリ言って耐震偽装事件より性質が悪い。耐震偽装は姉歯が木村建設に圧力を受け、已むを得ず行ったものだが、こちらは市の検査後に撤去するという計画的&組織的な犯行。その上、社長が会見で「使うことがない」などと発言し、身障者の顰蹙をかっている。
身障者には必ず必要で、それを撤去するのは差別している証拠。それに使う人が少なくても、これから高齢化社会がさらに進んで、ニーズが高くなってくることは間違いない。いま儲かればいいという精神が見え隠れする。
東横インはチェーンホテルの中では格段に安く、たしか予約を入れれば一泊3800円くらいだったと思う。ここ数年で急激に成長し、全国展開していった。でも、私は旅の際、同ホテルを利用したことがない。チェーンホテルを利用しない理由があるんだけど、それは置いといて(笑)、この事件を聞き心から利用しなくて良かったと思っている。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

January 24, 2006

さらばホリエモン

ホリエモン逮捕の各局報道にうんざり。過去に強制捜査を受けた会社は全て逮捕者が出ており、別に驚くことじゃないだろう。時間の問題と言われていたし、通常の番組を潰してまでやることか?その中で唯一特番を組まなかったのが株騒動の相手、ライブドアと提携しているフジテレビ。月9→スマスマへと流れる「稼ぎ時」を潰すわけにはいかないからね(笑)。月9の西遊記、ドラマの内容については別枠で触れるとして、昨日は夢を与える代わりに現実を食べるという妖怪バクのお話。もしこの妖怪が実在したら、ホリエモンは今すぐ縋りたいところだろう。「現実を食べて~」と!(笑)その時は忘年会の時みたいに踊り狂うのかな(笑)さらばホリエモン・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 18, 2006

IT社長って・・

楽天の三木谷がJリーグの外国籍選手枠について、「どうして必要なのか、よく分からない。オープンにしてJリーグのレベルをもっと上げて、その中で日本選手のレベルも上がる。レベルを上げたかったら、海外に行けというのはおかしい」と話し、現行の外国人枠に疑問を示した。
三木谷がまたわけの分からんことを・・外国枠をオープンにしてもレベルが上がるとは到底思えない。資金が潤沢な欧州クラブがトップクラスの選手を手放すわけがない。それに外国人だらけのチームを誰が観るんだ?日本代表はどうするの?海外移籍を勧めるのは、レベルの高いサッカーを経験した選手に指導者になってもらって、次の世代に受け継ぐという長いスパンで考えているから。Jリーグの100年構想を知ってますよね?三木谷さん。どうしても勝ち星をカネで買うという精神から抜け出せないようだ。あなたのせいで神戸がJ2に落ちたのを忘れたのかな。
そーいえばライブドアのホリエモンもピンチだね。強制捜査が入って全ての株価が暴落し、取り引きが停止になっちゃったよ。この人のおかげで個人投資家が飛躍的に増えたけど、これをきっかけに再び景気が落ちたら、責任とってくれよ。
この2人をみるとIT社長って、頭がいいのか、本当は馬鹿なのか、よく分からんなぁ(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 14, 2005

証人喚問

耐震強度偽装問題の証人喚問。姉歯建築士が木村建設の東京支店長に「鉄筋を減らせ」と圧力を受けた話があったようだ。その姉歯のおどおどした姿が印象に残る。気が弱くて断り切れなかったのかなぁ。なんか哀れさえ感じたよ。もちろんこの姉歯も悪いけど、この人の責任だけではない。施工主の木村建設が最後まで偽装に気付かないなんて有り得るのか?イーホームズはなんで簡単に通してしまったのか?まあカネに目がくらんで、効率だけを優先したんだろう。バブルの教訓が生きていない人間がまだまだいる。私はこの人達からみたら貧乏人だろうけど、こうなったら終いだよ。今日喚問された連中は誰も反省してね~もん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 19, 2005

清水町の続き①

清水町のし尿処理問題に動きあり。し尿と同時に問題となっていたゴミ処理を函南町に委託することが決定。函南側も承諾していて、来年度から3年契約となる見込み。委託料に関してはこれから話し合われる予定。函南町とは意表を突いた選択。清水町と函南町は近いが地理的に接していない。沼津がダメなら三島だろうと思っていたが、やはり断られたようだ。清水町は沼津との結びつきが強かったゆえに三島市との交流が少なく、三島市も清水町との合併に前向きではなかった。(むしろ財政豊かな町との合併を推進)隣接している沼津とともにソッポを向かれた形だ。
ゴミは済んだが、まだ肝心のし尿が済んでいない。現在話し合いが行われているそうで、函南町がゴミだけでなくし尿まで受け入れるか注目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧