« April 2008 | Main | June 2008 »

May 24, 2008

2000年春・四国の旅⑦高知

高知で阿波池田行きの列車待ちが1時間33分あるため、高知市街を散策。ここは18きっぷで初めて旅した土地(日帰りは除く)で、当時の雰囲気をもう一度味わうつもりだったが・・歩道、道路、市電、ビルなど、ほとんどが新しくなり、きれいになっている。当時はなかったコンビニや携帯の店も多く見られる。南国情緒あふれる独特の雰囲気はなく、普通の街になっていた。9年の間にこれだけ変わるとは・・正直ショックが大きかった。

9年前に食べたラーメン屋で、ラーメンを食べたがあまり美味しくない。前は旨かったのに。店を出て日曜市が行われていたフェニックス通りを歩き、高知城へ。通りの様子が変わっていたため、日曜市をやっていた場所と気付くのに時間が掛かった。城からの景色も一変。動物園がなくなっているのに驚いた。変わらないのはアイスクリンだけ。寂しさを感じつつ、高知を後にした。(写真はなぜかありません。撮り忘れ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2008

2000年春・四国の旅⑥四万十川

予讃線で南下し、宇和島に到着。強い雨の中、徒歩10分くらいの宇和島城まで歩く。周辺が工事中で、靴が泥だらけになりながら、天守閣まで登る。見通しが悪かったけど、港や市街が見渡せた。雨で人影はなし。でも、雨に濡れる満開の桜も悪くなかった。この後、宇和島市街を歩いてみたけど、港のある城下町って珍しいかも。南国情緒があって、とても良かった。

Fh020010Fh020009駅に戻って、予土線に初乗車。江川崎まで広見川沿いを走る。隣に座っていたおじさんが、江川崎で広見川と四万十川が合流していることを教えてくれた。江川崎駅で途中下車して、四万十川まで歩いてみることに。橋から眺めたあと、川原に降りてみる。雨で水量が多かったが、それでも清流と言われるだけあって本当にきれいだ。途中下車の甲斐があった。再び予土線に乗り、高知方面へ(続く)
(写真は左が江川崎、右が長い停車時間に真土駅で撮ったもの)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« April 2008 | Main | June 2008 »