« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

07年春・九州の旅⑪佐世保線

基山駅到着後、鹿児島本線下りで少し戻り、鳥栖から長崎本線に9年ぶりの乗車。車内は通学客が多く、落ち着かない雰囲気。佐賀のカプセルホテルに泊まって、4日目に突入。この日の行程は迷った。長崎本線→大村線→大村公園(桜の名所)→佐世保線→唐津線→筑肥線→福岡ドーム(ナイター)というルートも考えたが・・あと2日で帰らないといけないので、今日中に九州を出ないと厳しい。昼間の博多でのJリーグを観るとすると、午前中にどこまで行けるか・・時刻表片手にカプセルの中でずっと考えていた。結論は佐世保線に乗ることに。本当は終点の佐世保まで行きたかったが、試合開始に間に合わなくなってしまうため、早岐まで行って散策することにした。

Fh000014午前7時発の長崎本線下りに乗り込み、肥前山口で佐世保線に乗り換え。817系電車がお出迎え。単線区間もあるけど、意外と速い。最初は霧が出て見通しが悪かったが、次第に晴れてきた。車内は空いていて、ゆっくりと車窓を楽しむことができた。8時20分早岐到着、次の上りまで約1時間ほど散策する。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2007

07年春・九州の旅⑩甘木鉄道

時間が押し気味で、甘木公園を出た時点で、午後4時を過ぎていた。予定では西鉄で大宰府天満宮だったが、到着するころにはかなり暗くなってしまう。ここで観光を打ち切って、甘木鉄道とJRで佐賀泊も検討。まず、どちらが早く列車が出るか調べる。甘鉄は4時22分、西鉄は4時31分だった。3セクの運営に貢献したいことや、大宰府はまた機会があるだろうと判断し、甘鉄乗車を決めた。ワンマンディーゼルに乗り込む。

Fh000015甘木鉄道は1986年に3セク化されたローカル線。国鉄時代は超赤字路線だったが、沿線の駐車場整備やJRへの接続駅の改修など、様々な努力もあって、福岡方面への通勤通学客を確保。1991年黒字転換後、ほぼ毎年黒字を維持。3セクの中では数少ない優良路線と言われているそうだ。後でそれを知って驚いた。確かに福岡方面へ行くには、西鉄より便利だが・・夕方の上り列車で車内はガラガラ。これを見て当然赤字だと思っていた(失礼)。これも地域住民のおかげ。今後も長く走り続けてほしい。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

07年春・九州の旅⑨甘木公園

Fh000017Fh000016西鉄甘木駅に到着し、歩いて甘木公園を目指す。途中、目の前の横断歩道で自転車のおばさんが転倒。一瞬唖然としたが、道路に落ちたカギを拾ってあげた。同公園には15分ほどで到着。県内屈指の桜の名所で、ひょうたん型の桜池・もみじ池に4000本のソメイヨシノが並ぶ。熊本城と同じく、散り始めていたが、まだ充分楽しめる状態。食事をしながら桜を満喫。池を一周して、戻ることに。曇天なのが残念だったが、とても雰囲気のいい公園で来た甲斐があった。(続く)
(写真左は公園から旧甘木市街、右が公園の桜)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2007

07年春・九州の旅⑧筑後川

鹿児島本線で北上し、大牟田駅で西鉄天神大牟田線に乗り換え。西鉄は初乗車。特急は速くて、乗り心地も良く快適。特急券不要なのもいい。久留米駅で甘木行きに乗り換え。宮の陣から西鉄甘木線に入る。電車は3両のワンマン運転で、乗客は少ない。北野駅を下車し、菜の花が河川敷一面に咲くという筑後川まで歩く。

Fh000018菜の花は咲いていたが、思ったほど多くない。3月中から咲いているそうで、今年は暖冬だったし、時期的にちょっと遅かったかもしれない。9年前に見た直方の遠賀川の菜の花の方が良かった。雨も降りそうなので、早めに切り上げ。北野駅に戻ると、また丁度電車が!宇部線に続いてダッシュ。遮断機が降りる寸前で間に合った。しんどい・・(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2007

07年春・九州の旅⑦熊本城の桜

Fh000020Fh000019熊本城は言わずと知れた桜の名所。ソメイヨシノなど800本の桜がある。一部散り始めていたが、ギリ満開の桜をゆっくりと観賞した。写真は園内と、百間石垣から眺めた三の丸資料公園の桜。石垣からの眺めは良かったけど、予想以上に高くて怖かった。ポツポツ雨も降ったが、熊本城は充分楽しめた。また来る機会があると思う。園内を出て、鹿児島本線沿いの道を歩き、上熊本駅から同線で北上する。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2007

07年春・九州の旅⑥熊本城

Fh000021久留米から鹿児島本線で南下。熊本のカプセルホテルに泊まり、翌3日目は熊本城からスタート。この日は厚い雲に覆われ、晴れそうにない。坪井川沿いの長塀通りを歩き、櫨方門から入場(500円)、天守閣へ。6階建ての立派な城だが、西南戦争の際に焼失したものを鉄筋コンクリートで再建したもので、内部は城や熊本に関する資料を展示。最上階はガラス張りだ。再建とは知らなかった私は少々残念だったが、最上階から市街が見渡せた。熊本は私が想像していた以上に大きな街であることを認識した。

この後、歌会や能が催されていたという書院造りの数寄屋丸(復元)、さらに国指定重要文化財の宇土櫓も見学。宇土櫓は歴史を感じさせる城らしい木造建築だった。名所を一通り見て、今度は桜見物に移る(続く)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »