« 頭痛の日曜日 | Main | 山陰・北近畿の旅22旅の終わり »

November 03, 2006

山陰・北近畿の旅21敦賀まつり

Fh020002Fh0200019月3日(日)15時38分敦賀着、次の長浜行きは16時58分発で1時間20分ある。この時間を使って気比神宮例大祭・敦賀まつり(9月2~4日・3日間)を見物する。後で調べたら「北陸の歴史的年中行事として有名で、他府県からも多くの観光客が集まる。神輿が市内を練り歩き、カーニバル大行進が目玉」だそうだが、私はJTBの時刻表でこの日敦賀で祭りがあるのを知っただけで、何も調べずノーデータ。どんな祭りなのか、期待しながら会場の気比神宮へ歩き出す。

日曜日とあって昼間でも人出が多い。(この日は58000人)出店が続く商店街を歩いていると、丁度「ワッショイ」の掛け声とともに神輿の一団が通る。境内にも出店が並び、大変な賑わい。この地域では大きな祭りであることが実感できた。境内を出ると前の通りでカーニバル大行進が始まっていた。私は敦賀高校マーチングバンド部(吹奏楽部?)の演奏を見る。ケロロ軍曹のテーマの後、戦隊もののキャラに扮した(マスクを被ってゴレンジャーのように)5人が演奏に合わせてパフォーマンスを披露。これはなかなか面白かった。続いて自衛隊の吹奏楽が準備をしている。強い西日と暑さの中、ひたすら演奏を待っていたが・・時刻が16時30分を過ぎた。駅まで15~20分くらいかかる。ギリギリまで待ったが、ここで無念の時間切れ。演奏を聴かずに歩き出す。カーニバルはこれからが本番だというのに・・でも、次の列車を逃すと帰れなくなるので仕方ない。

地元以外の祭りを訪れたのは徳島阿波踊り以来10年ぶり2回目。前回は台風接近による大雨で散々な目にあったが、今回は不本意な切り上げはあったものの、充分満足。ひとえに祭りといっても、それぞれ個性があって趣が違う。今まで人が多いのが苦手で敬遠してきたが、考え方を変えた。今後の旅行にも祭りを組み入れてみたい。(続く)

|

« 頭痛の日曜日 | Main | 山陰・北近畿の旅22旅の終わり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山陰・北近畿の旅21敦賀まつり:

« 頭痛の日曜日 | Main | 山陰・北近畿の旅22旅の終わり »