« 清水VS新潟 | Main | 山陰・北近畿の旅⑱福知山線 »

October 22, 2006

山陰・北近畿の旅⑰姫路行きの混雑

9月2日(土)岡山からは一転して恐れていた事態に。姫路行きの鈍行はラッシュ並みの混雑。結局終点まで立席。この区間は山陽本線で一番きつい。両数が少なく(今回も3両編成)、18きっぷ期間は必ず混雑する。20時台でも関西方面へ帰る人が大勢(高齢者がやたら多い)。この期間だけでも両数を増やしてほしい。終盤はさすがの私も疲れが・・他の立席者もうんざりの表情。姫路に到着し、予定では新快に乗っていつもの難波泊だったが、疲れがピーク。明日の予定が狂うが、今日はここで打ち切り。姫路のカプセルホテルに泊まることに決めた。

姫路のカプセルは初めての利用。週末でいかにもイタそうな若者や、ストリートミュージシャンの兄ちゃんを避けながら歩くと、アーケードの商店街の中に同店の看板を見つけた。カプセルとサウナが分かれていて、カプセル外の空調の音がややうるさかったが、それ以外は不備もなく普通。初めてで落ち着かなかったが、値段も手ごろだし、慣れてくれば使えそう。また利用機会があると思う。明日も早くなるので、23時台に寝る。(続く)

|

« 清水VS新潟 | Main | 山陰・北近畿の旅⑱福知山線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山陰・北近畿の旅⑰姫路行きの混雑:

« 清水VS新潟 | Main | 山陰・北近畿の旅⑱福知山線 »