« 山陰・北近畿の旅⑰姫路行きの混雑 | Main | 日本ハム44年ぶり日本一 »

October 23, 2006

山陰・北近畿の旅⑱福知山線

9月3日(日)姫路→大阪(福知山線)→篠山口→福知山(山陰&舞鶴線)→東舞鶴→赤れんが博物館→前島みなと公園→東舞鶴(小浜線)→敦賀→気比神宮(敦賀まつり)→敦賀(北陸本線)→長浜→米原(東海道線)→大垣→浜松→三島(終了)。
旅行最終日。空調で熟睡は出来なかったが、まずまずの体調。大阪泊から姫路泊に変更になった為、早く出ないと。6時前に起床し、さっさとチェックアウト。6時40分発臨時快速「湖西レジャー号」に乗る。(6時25分発の新快に乗れば、大阪発と同じ予定で行けたかも・・間に合わなかった)臨時だが、他の新快と変わらない。日曜の朝だったが、ほぼ満席で意外と乗客が多いのに驚いた。車窓を眺めながら進み、大阪で福知山線に乗り換え。同線は三田までは今回2回目(2日目に乗っている)、三田以降は7年ぶりだ。三田以降は緑が多くなり、篠山口でワンマン(2両)の乗り換えるとさらに田舎に。篠山川など川の風景も楽しめた。福知山城が見え、高架された福知山駅に到着。舞鶴線経由「特急リレー号」(モハ113)の乗り換える。舞鶴線は山間を縫って走るが、丁度疲れが出て居眠り。11時25分東舞鶴到着も、次の小浜線は13時16分・・2時間近くある。予定が狂ったので仕方ない。周辺を散策することにする。(続く)

|

« 山陰・北近畿の旅⑰姫路行きの混雑 | Main | 日本ハム44年ぶり日本一 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山陰・北近畿の旅⑱福知山線:

« 山陰・北近畿の旅⑰姫路行きの混雑 | Main | 日本ハム44年ぶり日本一 »