« 山陰・北近畿の旅⑪3200円 | Main | 山陰・北近畿の旅⑬男子ソフトボールリーグ »

October 08, 2006

山陰・北近畿の旅⑫斐伊川と潜水橋

9月2日(土)米子→宍道→木次(木次線)→斐伊川堤桜並木→木次運動公園野球場(ソフトボール男子西日本リーグ)→斐伊川&潜水橋→木次→出雲坂根(スイッチバック)→備後落合(芸備線)→新見(姫新線)→津山(津山線)→岡山→姫路(泊)
宿泊が米子になった分、朝が早くなった。眠れたので体調は悪くない。まだフロントの人がいなかったのでカギを置き、6時50分発の山陰本線に乗り込む。松江市街や宍道湖を見て、宍道駅で13年ぶり乗車となる木次線に乗り換え。(黄色いキハ120)木次では次の列車まで3時間くらいあるので、これを使って散策プラスソフトボール観戦をする。まず斐伊川堤桜並木を歩く。桜の名所100選にも選ばれた、地元では有名な桜並木でソメイヨシノ1300本、約2kmのトンネルが続く。もちろん時期的に葉桜だが、春の満開時にはそれは美しいことだろう。
Fh020009ソフト観戦後、斐伊川と潜水橋まで行ってみる。潜水橋とは普段は人や自転車が通行できるが(車不可)、水面近くの低い位置に造られていて、小さな出水でも水中に没し、通行できなくなる橋のこと。ここのは木造だ。静岡でも見たことないし、田舎でしかお目にかかれない。私も初めて見た。川面が近いため、足を滑らしたり、物を落としたりしないよう注意して渡り、ここからの風景を撮影。右手に桜並木、左手に山々、中央には美しい川。今回の旅行で最も印象に残る風景だった。(続く)

|

« 山陰・北近畿の旅⑪3200円 | Main | 山陰・北近畿の旅⑬男子ソフトボールリーグ »

Comments

こんにちは('-')
こちらにおいでになったのでね。
コメント、ありがとうございました。

Posted by: ひで蔵 | October 09, 2006 12:44 PM

ひで蔵さん、こんばんわ。初めまして。
山陰は3回目ですが、木次の街はとても気に入りました。
斐伊川や潜水橋もとても良かったです。
桜並木が満開のころ、もう一度来てみたいと思っています。

Posted by: マサト | October 11, 2006 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山陰・北近畿の旅⑫斐伊川と潜水橋:

« 山陰・北近畿の旅⑪3200円 | Main | 山陰・北近畿の旅⑬男子ソフトボールリーグ »